見積書のチェックポイント

見積書のチェックポイント

原状回復は見積り金額だけでなく、施工範囲もチェック

原状回復は施工業者による詳細なヒアリングと現地調査が済むと正式な見積書がでます。

この見積書ですが、総額の費用だけしかチェックしない人が多いのです。見積りに書かれている総額の費用が安ければいいわけでありません。

原状回復では、施工範囲が広くにおよびます。ドコからドコまでが工事範囲になるのか明確にしておきましょう。配管はどうするか、床はどの程度まで剥がせば良いかなど、細かい部分の確認が必要になるケースが多いです。

この部分が不明確だと、せっかく原状回復を行なったのに追加工事を言われたり、工事をしてもらえると思っていた部分が範囲外で、さらなる追加料金を請求されるといったトラブルもあります。しっかりと事前に確認してください。

「一式」という表現に注意

原状回復の見積書の中に「一式」という表現があったら注意が必要です。

原状回復の見積もりは、きちんとした価格の理由があって作成されています。ですから、「一式」という表現があった場合は、「一式と明記されている内容を教えてください」と施工業者に言って、きちんと内訳を説明してもらいましょう。

見積書を出してもらったら、必ずその見積書について説明を求めるようにすることが大切です。きちんとした説明を受けることで、 施工業者とのトラブルを未然に防ぐことができます。

原状回復が終わってから文句を言っても、どうにもならないのこともあります。場合によっては工事の未完了部分が見積りの範囲外で追加費用を請求されるケースもあります。

原状回復の費用を必要以上に請求されないためには・・・

原状回復の業界は、価格や相場が曖昧ではっきりしない業界です。ですので、悪質な業者にあたると、曖昧さを良いことに、「あまり知識のないお客様」や、「お金を取れるお客様」などには必要以上の費用を請求されるケースがあります。

もちろん良心的な業者もいますが、「金を取れるトコロから取る」といった考えの悪質業者がいるのも事実です。そのような、悪質業者に工事費を必要以上に請求されないためにも、思ったことや疑問点はきちんと業者へ伝えることが重要です。

まず、原状回復では複数の業者から見積りを取るところから始めてみてください。複数の見積りを比べることで良心的で適正な見積を出してくれる業者を見つけることができます。